Exif 情報対応版 Joyful NoteをImageMagickとPerlMagickが
使えないサーバーでサムネイル画像の作成を可能にする方法
(自己責任で作業をして下さい。)

きゃちゅさんが開発したExif 情報対応版 Joyful Noteで
開発中の次期バージョンJoyfulexif Ver.2.0の幅広い
サムネイル作成機能の対応に関する設定の記事です。

Exif 情報対応版 Joyful NoteはPerlをサポートしたサーバーならたいていは動作します。
しかしサムネイル作成にはImageMagickとPerlMagickをサポートしたサーバーが必要で、
サポートしてないサーバーでは元画像が縮小表示で表示され重くなります。
今後バージョンアップしてJoyfulexif Ver.2.0になり幅広いサムネイル作成に対応の予定です。
現在はVer.2.0へ向けたスナップショット版が公開されてますが、そこで機能の説明をします。

最近はブロードバンドが普及し画像の容量は気にしなくても良くなって来ましたが、
サムネイル画像を作成し、少しでも表示を軽くしたい方も多いと思います。そこで
ImageMagickとPerlMagickをサポートしてないサーバーのinfoseek(isweb)無料版を
例にサムネイル作成を可能にする方法を書きます。ただし自己責任でお願します。
また、これから紹介する
菅さんのサイトには迷惑になるので絶対に聞かないで下さい。

このサムネイル作成方法が使えるのは
Joyfulexif Ver.2.0に向けたスナップショット版です。
すでにcgiを設置しサムネイル作成以外は出来てるものとして説明をします。
infoseek(isweb)ではcgi-binフォルダを作りそのフォルダの中でcgiが動作します。

まずサムネイルが置かれるフォルダをimgフォルダの中(下)にthumbと名を付けて
作って下さい。アップロードしたら
パーミッションを忘れずに707にして下さい。
続いてimageresize.plの
パーミッションを忘れずに606にして下さい。

次にサムネイルを作るバイナリを
菅さんのサイトの小物のコーナーからダウンロードします。
しかしサムネイルを作るバイナリは複数有りどれを使って良いのか良く分かりません。
そこでどれが使えるかを菅さんの小物のコーナーの
resize.zipをダウンロードして
解凍して、その中のcheck.cgiを使いどのバイナリが使えそうか確認します。
joyful.cgiと同じフォルダに置き
パーミッションを705か707にしてcheck.cgiにアクセスして下さい。
するとinfoseek(isweb)無料版の場合は以下のように出てきます。

PerlMagick NG

NetPBM + libjpeg-progs NG
cjpeg -> Not Found
djpeg -> Not Found
pngtopnm -> Not Found
giftopnm -> Not Found
pnmscale -> Not Found

repng2jpeg(i386-solaris) static:OK
libc -> /lib/libc.so.1
libdl -> /lib/libdl.so.1

./repng2jpeg Not Found

Perl :v5.6.1 built for i86pc-solaris
HTTPd:Apache


見て頂くと分かりますがPerlMagickは使えないことが分かります。
OKが出てる項目とOSに注目して下さい。
repng2jpeg(i386-solaris) static:OKと出てます。
repng2jpegi386-solaris用なら使える可能性が高いということが分かります。

続いて小物のコーナーから
repng2jpeg.zipをダウンロードして解凍して、
i386_solaris_staticフォルダの中の
repng2jpegをjoyful.cgiと同じフォルダに置き
パーミッションを705か707
にして再びcheck.cgiにアクセスして下さい。
するとinfoseek(isweb)無料版の場合は以下のように出てきます。

PerlMagick NG

NetPBM + libjpeg-progs NG
cjpeg -> Not Found
djpeg -> Not Found
pngtopnm -> Not Found
giftopnm -> Not Found
pnmscale -> Not Found

repng2jpeg(i386-solaris) static:OK
libc -> /lib/libc.so.1
libdl -> /lib/libdl.so.1

./repng2jpeg Found
./repng2jpeg Permisson:OK
./repng2jpeg Exec:OK

Perl :v5.6.1 built for i86pc-solaris
HTTPd:Apache


良く見て頂くと最初にアクセスした時は./repng2jpeg Not Foundと出てたところが、

./repng2jpeg Found
./repng2jpeg Permisson:OK
./repng2jpeg Exec:OK

という表示になりました。Not FoundFoundになりrepng2jpegが有ると言う意味です。
Permisson:OKはパーミッションがOKという意味です。
Exec:OKは動作がOKと思われると言う意味です。

これでサムネイルを作成する条件が出来ました。
最後にjoyful.cgiのサムネイル作成の設定を自動から
repng2jpegを指定します。
joyful.cgi
を開き# サムネイルに関する設定のところを見て下さい。

$ThumbMake = -1; となってるところを以下のように4にして下さい。
$ThumbMake = 4;

これで
infoseek(isweb)無料版ではサムネイル作成が出来ると思われます。
確認してみたところ、アップロードする画像の容量が100KB程度までなら
サムネイルの作成を確認しました。しかし容量が200KB以上になると
サムネイルが出来ません。負荷が掛かるので規制が掛かるのだと思います。
どれ位の容量までならサムネイルが出来るのか不明ですが100KB以下が無難でしょう。

今回の例を参考にすれば、ImageMagickとPerlMagickをサポートしてないサーバーでも
サムネイル作成が出来る可能性が有ります。各自、自己責任で挑戦してみて下さい。
ただしサムネイル作成を保証するものでは有りませんので注意して下さい。

最後に繰り返しますが、あくまで菅さんのサムネイル作成のバイナリに対応しただけで、
直接関係ありません、
菅さんのサイトには迷惑になるので絶対に聞かないで下さい。
出来なければ諦めることも肝心です、素直に
PerlMagickをサポートしたサーバーを
借りた方が楽です。(笑)

この記事はJoyfulexif Ver.2.0の幅広いサムネイル作成機能の
動作を確認する為にZZ−Rが
書いたものです。

戻る