EOS 10Dにミノルタのアングルファインダーを付ける。

純正のアングルファインダーは定価で24000円と高いですよね。
かなり以前にカメラ雑誌でEOS-1Nにミノルタのアングルファインダー
が付くと聞いて12000円と安いので購入し1Nに付けて使ってました。

純正のアングルファインダーを使ったわけではないですが、
ミノルタのアングルファインダーは使い勝手もまあまあで悪くないです。

デジカメ一眼が欲しいと思ってましたが、まだ高く買えませんでしたが、
EOS 10Dが発売されデジカメ一眼としては比較的安価な価格で手の
届く価格だったので購入しました。

早速色々いじり回したり試し撮りなどして、ミノルタのアングルファインダー
も取り付けてみました。そうしたらピッタリ取り付けることが出来ました。
純正の方が良いかもしれませんが私は使用頻度が低いのでこれで、
充分と思いました。(笑)

アングルファインダーが付くなら、同じミノルタのマグニファイヤーVNも
付くだろうと思い買いましたが、何故か付きませんでした。

アングルファインダーとマグニファイヤー比べてみたら幅が違い、
狭く同じミノルタ用なのに何でこんな差が有るんだろう?って位
これでミノルタのカメラにはもちろん付くんでしょうかね?
で手持ちのPENTAXのマグニファイヤー付けてみたら付きました。

跳ね上げたところ

戻る