D-SLR.info

カメラの雨の日の対策

防塵防滴のカメラも有りますが多くのカメラは雨に弱いですね。

雨の日は撮影をしない方がカメラには良いですが、雨の日に撮影したい場合も
有ります。または急に降ってきてしまうことも有ります。そこで簡単な雨の日の
対策が有ります。シャワーキャップを使いカメラに被せてしまうのです。(笑)
ファインダーの覗き穴の部分には穴を開けボディとアイカップの間にに挟むよう
にすると良いと思います。出来れば透明なのが良いですがホテル等に有りまし
たら持ち帰っちゃいましょう(笑)

もちろん用品メーカーから様々な雨対策の製品が出ており、そちらの方が良く
出来ています、しかし価格もそれなりにするのと、かさばる製品が多いですね。
シャワーキャップは小さく出来、便利ですので色々使い分けると良いと思います。

この写真では大口径望遠ズームに被せてますが、フードの先端の掛け方にも
よりますが35mmフルサイズで撮影しても写りこむことは有りませんでした。
35mmフルサイズで標準ズームに使った時は、写りこんでしまいましたが、
APSサイズのEOS 10Dなら問題ないと思います。レンズに合わせて多少調整
する必用が有りますので、何個か用意して使い分けた方が良いかもしれません。
花形フードでない場合や被るようでしたらフードの外側にフックを付けるなどして
各自適当に工夫して調整して試してみて下さい。
実行される場合は自己責任でお願いします。

正面から見た所です。

戻る

D-SLR.info