EOS 10DのRAWをPhotoshop 7.0 & Elements 2.0で現像する方法!

価格.COMの口コミ掲示板で、「三脚担いで」さんが教えて下さった情報です。m(__)m

CanonのFile Viewer UtilityでRAWを現像するとパラメータを変えるごとに
待たされ、処理中のダイヤログも出て変更の確認も見辛いですよね。
でもPhotoshopにプラグインを入れ現像すれば快適に現像出来るようになります。

しかし10DのRAWには対応しておらずそのままでは現像出来ません。
そこで少し工夫をして10DのRAWをPhotoshopで現像出来るようにします。
実行する場合は各自、自己責任でお願いします。

注意点としてD60の設定で10DのRAWを読ませるので、撮影時の設定のままだと
色温度が高くなります。また他にも色合い等が若干異なるようです。
ですので、各自適当に調整して現像するようにして下さい。

追加情報、D30の部分を10Dにしても良いようです。その際色温度のずれは
少なくなるようですのでこの方が良いかもしれません。

準備するものはAdobe Photoshop Camera Raw & JPEG 2000 プラグイン
バイナリエディタです。バイナリエディタはStirling(スターリングを使用しました。
Windows XPには対応してませんが私の環境では問題有りませんでした。
現在Camera RawプラグインはPhotoshop CSに標準搭載され販売は終了してます。

私の環境はPhotoshop Elements 2.0とWindows XPで、クラシック表示にしてます。
プラグインのPhotoshop Elements 2.0へのインストールと現像可能かどうかは、
「つてとら嬢」さんと
「bluesboy」さんが、情報を提供して下さいました。m(__)m

まずAdobe Photoshop Camera Raw & JPEG 2000 プラグインをインストール
して下さい、Photoshop 7.0は7.01にインストール前にアップデートして下さい。

次にProgram Files→Adobe→Photoshop Elements 2→プラグイン→ファイル形式の
フォルダを開いて下さい。Photoshop 7.01の場合はフォルダが違いProgram Files→
Adobe→Photoshop 7.0→プラグイン→Adobe Photoshop Only→ファイル形式
となります。そうしたらCameraRaw.8biをデスクトップ等適当な場所にコピーして
ファイル名を適当に変更して下さい。
例:Camera Raw.8bi→Camera 10DRaw.8bi

次にコピーして名前を変更したCamera 10DRaw.8biをバイナリエディタで開いて、
文字列にチェックを入れEOSを検索して下さい。

EOSの文字を検索しD60を探します。

D60の文字にカーソルを合わせ10Dと上書きします。(消さずにそのまま打ち込む)
10Dと書き換えたら保存して閉じて下さい。


名前を変更したファイルを元のCamera Raw.8biが有るフォルダに移動して下さい。
フォルダ内は元のファイルと変更したCamera 10DRaw.8biが在る状態になります。


以上でPhotoshopでEOS 10DのRAWが現像出来るようになります。
MACでも同様に出来るそうです。
三脚担いでさん、価格.COMの掲示板の皆さん情報どうもありがとうございました。

尚、このページの作成はZZ−Rがしましたが、皆さんの情報提供で出来たので、
このページには自由にリンク貼って構いません。

http://homepage3.nifty.com/ZZ-R/camera/raw/raw.htm

戻る

D-SLR.info

TOPから入り直す