ASUS CT-479 動作報告

ASUSのSocket 478変換アダプタ「CT-479」とP4T533-Cで人柱報告です。

正式サポートされてないマザーでどうなるかと思いましたが、
Celeron M 350でP4T533-C BIOS1010で起動しました。

当初Pentium Mで行く予定だったのですが、SpeedStepが無く
キャッシュの少ないCeleron Mの方が認識しやすいのではと思いまして、
2次キャッシュの量がNorthwoodと同じBaniasコアのCeleron M 340を探しました。
しかしどこも売り切れててやむを得ずDothanコアのCeleron M 350にしました。
他に動かなかった時のリスクと予算上の都合も有りますが(笑)
(その後、Pentium M 740でも動作を確認しました。)

起動時のCPU表示は出たり出なかったりです。
BIOSの表示上の認識倍率は16倍(選択に1600MHz)ですが実際は13倍でした。
認識電圧は1.175Vです。このマザーでは1.5V以下なんて無理かなと
思ってましたがきちんと生成してるようです。でも表示上の可能性も有る(汗)
電圧と倍率の変更は出来ませんでした。
FSB変更は元々細かく出来ないマザーですが出来ました。

下駄に付いてるジャンパーピンでFSBの変更は出来ます。
FSB133(533)のCPUと認識されるようです。
またマザー側の設定が優先されるようです。
ですので133X133となるようなことは有りません。

ベンチはSuperπだけですが、
PC1066-32ns 256MBX2 X4mode Turbo
定格FSB100(400)で64秒
FSB133(533)1.73GHzで47秒
FSB133(533)だとかなり伸びちょっと驚き
47秒ってP4 3.06と同じ位じゃん...orz
セレの癖に生意気(苦笑)

体感ですがFSB100(400)で1.3GHzだと
さすがにとろく感じる時も有りますが、
FSB533だとP4と比べても遜色ないです。

今回の人柱でサポートされてないマザーでも動くことが分かりました。
古いi850Eで動くのですからi845でも動く可能性は有ると思います。
特にASUSのマザーボードなら可能性は高いと思います。

FSB533マザーでP4 3.06GHzがサポートされず
2.8GHzまでのマザーボードでも動くなら
かなり魅力的なアップグレードになりますね。

これは何れブームになるかも…

以下参考画像です。


CT-479とCeleron M 350(1.3GHz)

CT-479にCeleron Mを装着

マザーボードに装着

起動画面CPU認識無し

起動画面P4 1300MHzとして認識

起動画面P4 1730MHzとして認識

BIOSは1600MHzと2133MHzで表示

電圧は1.175Vで認識

電圧変更は出るが…変わらず。

CrystalCPUIDとSuperπ

戻る