新サーバー紹介

2002年9月末日、当Webサイト「鉄の穴、ZZ−Rサーバー」は増大するコンテンツと
アクセス数に対応するべく、サーバーのアップグレードを敢行した。ウソ(爆)
正確にはアップグレードしたと言うよりフルモデルチェンジに近い。
え?どっかで聞いたこと有る文章だって?気にしない気にしない(笑)

まずはマザーボードの変更で、現状でも使えなくも無いが動画掲示板を設置するにあたり
KT133チップセットではバスの帯域の観点から不安が有るので換装することにしました。
そこでマザーはノース、サウスを統合したSiS745チップセットでMuTIOLで1.2GB/sを誇り、
電圧と倍率変更可能なECS K7S6Aにしました。
またFANレスヒートシンクのサーマルコンポーネント85EX60×80を
使用する為、CPU周りにスペースの余裕が有るのも選んだポイントです。

続いてCPUの変更、WindowsXPにしてから、やはりDuronじゃ重いんで有る。
そこで思い切ってAthlonに換装することにしました。しかし普通のAthlonを乗せたのでは、
発熱の為、せっかくのファンレスが出来なくなってしまう。また消費電力も多い。
そこでMobileAthlonを使用することにしてAHL1200AHT3Bを購入。しかし・・・
店に聞いた時はMobileAthlonと言っていたが実は低電圧版だったので有る。
おかげで結構熱くなってしまったので有る。買った当時はMobileAthlonと低電圧版の
区別がどうも店側の方もついてなかったようで困ったもんです。(^_^;)
仕方ないのでモバイル Athlon4 900MHzを買い直すことにしました。またMobileAthlonは
特性を活かし可能な限り設定電圧を下げ1.25Vまで下げることが出来ました。

さらにHDDもFUJITSU MPG3204AT-Eでは例の問題で不安が有るので、思い切って
7200rpmのSeagate Brracuda ATA W(40GB)に換装することにしました。
パーティションはシステムを7GB、Web公開用を20GB、仮データ置き場を10GBにしました。。
また電源も消費電力に見合ったものにするのと静穏化の為、Seasonic SS-180に換装しました。
この電源はSFX電源ですが、ATXアダプターが付いてるのでATXケースにも取り付けOKです。

そしてどれだけ速くなったのか? 定格で当社比約50%のパワーアップ!!(笑)
スーパーπがDuron 600MHzで3分8秒だっのが約2分にパワーアップしました。
個人用の自宅サーバーとしては十分な速さでしょう。
以下に変更データと参考画像が有ります。

サーバー 変更前 変更後
ケース A OPEN LX48Pro 変更無し
電源 ケース付属のA Open製300W Seasonic SS-180
マザーボード A Open AK73-1394 ECS K7S6A
CPU AMD Duron 600MHz AMD モバイル Athlon4 900MHz(定格&1.25V)
CPUFAN サーマルコンポーネント85EX60×60
FANレスヒートシンクのみ
サーマルコンポーネント85EX60×80
FANレスヒートシクンのみ
HDD FUJITSU MPG3204AT-E
(20GB ATA100 5400rpm)
Seagate Brracuda ATA W
ST3400016A (40GB 7200rpm)
メモリー PC133 CL2 256MB PC2100 CL2.5 256MB
VGA A Open PA305 変更無し
CD A Open CD48倍速バルク 変更無し
LAN PLANEX FNW9702T3 変更無し

サムネイルをクリックすると大きな画像が見れます。

CPU 当初買ってしまったAHL1200AHT3B
サイド

マザーボードはCPU周りにスペースが有りGOOD
配線がごちゃとしてますが気にしないで下さい。
ヒートシンク 巨大なヒートシンク部
サーマルコンポーネント85EX60×80
電源 ATXにも取り付可能なSFX電源SS-180を使用
また当社独自開発のCPAFシステムを採用
ClearPanelAirFlowシステムとはただのCDケースの
板をカットしガムテープで貼り付けヒートシンクの
熱を電源ファンへ導く為の物である(笑)
バック

ごくありふれたPCのバック、LANポートには
当Webサイトの全情報が流れる。(笑)

戻る