ADSL回線速度向上作戦

フレッツADSL8Mbps回線にしてから、もう少し速度が上がらないかと、
MTUとRWIN等を調整した悪戦苦闘のレポートです。(^_^;)

まずADSL回線になってからの流れからです。
最初ADSLにした時は1.5Mbps回線で、スピードは900Kbps〜1Mbpsでした。
環境はルーターを使いNTT-MEのMN128-SOHO-Slotinを使用。
しばらくして、MTUとRWINの設定を変えれば速くなることを聞き、もう少し
速くならないかと調整してみたのですが、その時は上手く行きませんでした。
その後、たまたま検索でWiNeToolsと言う簡単に調整出来るソフトを知り、
試したところ速度が1.2Mbpsに向上しました。
このソフトはWin98用だとおまかせモードが有り、使い易かったです。
WiNeToolsはWiNe Tipsと言うHPでダウンロード出来ます。
WiNe TipsのHPは閉鎖されたのでEditMTUをお使い下さい。

2002年2月4日に、いよいよ8Mbps回線になる日が来ました。
留守にしてたので、帰ってきて留守電を聞いた処、工事完了の伝言が
入っていました。
早速モデムの交換をしようと思いましたが、試しに1.5Mbps用のモデムでは
どうなるのかと思いテストしてみたところ、速度は変わらないものの、問題なく
繋がりました。

モデムを8Mbps用モデムに取り替えて、接続して無事繋がることを確認し、
測定サイトでスピード測定してみました。
スピードは2.8Mbps〜3.2Mbpsと3Mbps前後の数値でした。
速くはなったので安心はしたものの、4Mbps以上は出るだろうと期待していた
のでちょっとがっかりでした。
ルーターがボトルネックかと思いcorega BAR SW-4Pに変えてみましたが、
変わりませんでした。

この時は、まあ速くなったんだから良いやと早々と諦めました(笑)
ルーターはcorega BAR SW-4Pは使い勝手が悪いので、
NTT-ME MN128-SOHO-Slotinに戻して使うことにしました。
しかし、これがその後の間抜けなことに繋がりました。(^_^;)

しばらくしてADSLが繋がらないトラブルが起きました。
ええ〜!何で〜?と、今まで繋がってたのにー!と、困ってしまいました。
モデムとルーターを再起動したりしましたが、繋がりませんでした。(>_<)
どうやら回線に問題が有るようなので、NTTに調査の電話したところ
土日にまたがってる為、調査は月曜になってしまいました。
月曜にNTTの人が来てモデムを、変えてテストしてみましたが繋がらず!

その後、担当者と局側で調整のやりとりが有り、再度接続してみてくれと、
言うことで担当者がモデムを接続したところ、LINEが点灯!
担当者のテスト用PCで接続して確認したところ無事開通しました。
原因を担当者に聞いたところ、局側に聞いたらの局のスプリッタのトラブル
だと言ってました。
ホントかな〜?(^_^;) ただ単に線が外れてただけだったりして(爆)

繋がらない間、アナログモデムと携帯を介して接続したので料金が、
掛かってしまいましたが、まあ繋がったんだから良しとしました。
こんなトラブルが有ってからもう一度ADSLを見直して調整して
みることにしました。
まず、ADSLモデムとモジュラージャックからの距離を短くしケーブルも
ツイストペアケーブルに変更しスプリッタもメルコのIGM-FSAC-SPに変更
しました。その結果気持ち程度ですが0.2Mbps程上がりました。

その後、再びMTUとRWINを駄目元で変えてみることにしました。
RWINを色々と変えてみたら速くなってしまったのです。(^_^;)
1.5Mbps回線の時に色々と変えても1.2Mbps以上は速くならなかったので、
もう調整しても限界なだろうと勝手に思い込んでいましたが、調整したら
3.7Mbps前後の速度が出るようになりました調整が足りなかったようです(汗)
そこでルーターもcorega BAR SW-4Pに変えてみることにしました。
そしたらさらに速度が上がり4Mbps以上でるようになりました。
WinXPの場合だと最も出たときで5Mbps以上出るようになりました。
思いっきり検証が足りず間抜けなことしてしまいました(自爆)

速度が上がったのは良いものの、いったいぜんたい、どうなってるんだ〜?
と思いADSLのリンク速度を見てみることにしました。
NTTの8Mbps用モデムはDSL ND ATUR-E2と言う形式です。


尚リンク速度を見る為には、このモデムだと中を開けなければならないので、
自己責任になります。

スイッチを切って中を開けます。
下のLEDの横のディップスイッチの2番をONにします。
ケーブルをスプリッタに繋いで、LAN端子側はルーターを通さずにPCの
LANケーブルを直に繋ぎます。



電源を入れます、リンクが確認できたら、
http://192.168.0.1/に接続します。
ユーザー名にconfigと入れOKボタンを押します。




するとADSLモデムの以下の画面が出ます。
ADSLモデムと言うことですが、ルーター機能も有り、
一般に販売しているルーターに機能は劣らないようです。
買い取って余ってる方は色々と実験してみるのも良いかもしれません。
私はレンタルなんでしませんが(^_^;) 繋がらなくなったら洒落にならんし(爆)




左の操作メニューを下げ、状態表示のADSL接続状態をクリックすると以下の画面が出ます。
Paylord ADSL Line rate(Down)と(Up)の右の数値が、それぞれ下りと上りのリンク速度です。
他にも色々な数値が出てますが意味わかりません(^_^;)

リンク速度は7232kbpsでした、しかしこの速度が出るわけではなく、
色々と調べてみると概ねリンク速度の80%以上出てたら、かなり良いみたいです。
私の場合はWinXPマシンで最も出た時で5.3〜5.5Mbpsだったので75%位でした。
個々の環境でかなり変わると思うので、参考程度に見て下さい。

今までの私の経験からすると、ADSL1.5Mbps回線のWin98の場合は上記のソフトの
おまかせモード充分早くなります。Win2000とWin XPの場合は調整してもあまり変わりません。
ADSL8Mbps回線のWin98の場合は上記のソフトのおまかせモードでは調整が足りませんでした。
Win98の場合はMTUを1454、RWINをMSS(MTU-40)×30で42420に設定してかなり速くなりました。
またWin2000も上記の設定で速くなりました。Win XPは変えなくても充分速いので変更しませんでした。
あくまで私の環境におけるデータなので参考程度に見て下さい。

戻る